かつての野球の人気を取り戻そう

かつて、野球と言えば、誰もが楽しみにしている国民的スポーツでした。
人気球団のナイター中継などは、かなりの視聴率が取れていた為、各局が競ってその中継権を取りたがったとも言われます。
男の子から成人男性まで、誰もが休日にキャッチボールの一回や二回、たしなんだ人もとっても多いのではないでしょうか。
時代の変化か、最近では野球よりサッカーの方がすこぶる人気が高いです。
公園に行っても、キャッチボールより、サッカーで遊んでいる子供の方が多い様に見受けられます。
人数こそサッカーの方が11人必要ですが、遊びのツールとしてはボール一つあれば、ゲームが成立する簡単さもあります。
でも、かつて野球に夢中になっていたお父さんとしては、我が子と一緒にキャッチボールをしたいと思うのも仕方ないかもしれません。
サッカーとは違い、野球のゲームは攻撃の回、守備の回とあって、ベンチでの休憩もあります。
自分の与えられた守備に没頭して自主トレーニングする事も出来ます。